服を重ね着するように。家の性能を上げていく。ヤマワリビングの工法「木心家きごこち

木心家きごこち」とは着心地のいい服を着ている時のように、
住んでいて「心地の良い木の家」のこと。

天然木をふんだんに使った
冬は暖かく夏はサラっと涼しい、
手ざわりの良い木のお家に
遮熱、断熱、通気、換気、太陽光などの性能をプラス。
また、できるだけ無駄の無い
「コンパクトでも広々暮らせる」プランニングの工夫で
住まい手ひとりひとりにぴったりの
木心家きごこち」の家をご提案いたします。

いっぱい服を着た家は、夏は暑いの?

体に密着している服を何枚も着ていると、暑くなってしまいますが、
木心家は、家が呼吸することで
冬は暖かく、夏は涼しい家を実現しました。
また夏の日射は遮熱シートでカット。
小屋裏までも快適に過ごすことができます。

無垢材は天然のエアコン

木の断熱性はコンクリートの約12倍と言われるほどで周囲の温度に影響されにくいのが特徴です。
夏、木に触れてもベタつくことなく、とても爽やか。冬はほんのりとした温もりを感じることができます。
木の住まいではエアコンに頼る度合いが低くなるので、体への負担が軽減されるとともに、省エネにも役立ちます。

ヤマワリビングでつくる家は夏は自然な風が通り、
冬は無垢材の持つ暖かさで保温する、
健康を意識した地球にも人にもやさしい家です。

ページの先頭へ